メインイメージ

修理代と車両保険の実情

事故車の修理代と車両保険の実情


事故を引き起こして車に大きな損傷をしてしまった場合、修理しなければいけません。
現在、新車を購入しようと考える人の場合、多くの人が車両保険に加入しています。
車両保険では、自分の車の修理が可能となるため、多くの人が実費ではなく車両保険で修理を検討するでしょう。
このことで、保険金から支払われるため、負担なく修理が出来たと喜ぶ人も多いでしょう。
しかし、果たして本当にそうであるか考えたことがありますか。
目先の得で大きな損をしてしまっている人が多いようです。

事故車を修理工場に運ぶと、修理工場側が真っ先に言うことが、車両保険の加入をしているかどうかです。
車両保険はお客さんからではなく、保険会社側に費用が請求できるため、ユーザーから直接修理依頼がある場合より多く見積もりを高くします。
車両保険の加入がなければ、実費精算をしなければいけないため、誰でもなるべく費用を抑えて安く修理をしてほしいと考えます。
事故車の修理でも保険を使わない場合は、板金修理や部品交換においても中古部品が使用されることが多いです。
事故車といっても事故の程度と修理方法で安くできることが可能です。
保険を使えば、免責として数万円負担がある場合があり、さらに翌年の支払額が3割り増しとなります。
その後暫く割引の摘要が受けられません。
例えば現在が10万円の支払額で免責5万円あれば、免責として5万円支払い、翌年から13万円の負担が数年続きます。
保険を使用していなければ、翌年からさらに割引がきくため大きな損となってしまいます。
しかも保険を使えば、事故車を修理する際に、交換できる部品が全部新品になることが多く、多額の修理代が請求されます。

事故の損傷がそれ程酷くなく骨格にまで損傷が及んでいないような場合、例えばドアが2枚大きく凹み交換が必要であるという場合の事故車でも費用は数十万円となります。
しかし、実費での修理で安くしてほしいとなると、修理代は数万円であることも多いです。
そうすれば車両保険を使用せず、安価な修理が可能となるため後の負担も軽く済みます。

修理工場にとって車両保険を使用しての修理はおいしい作業です。
お客さん側もどうせ保険が上がるのならば、新品でしっかりと直してほしいと考えるはずです。
しかし、無駄に保険を使わなくとも、現在のボディーを板金し再塗装すればきれいになり、修理代も安くすみます。
修理工場は修理というビジネスであるため、事故車は大歓迎です。
安易に車両保険を使わず、良く検討して修理見積もりも複数のところで取るとよいでしょう。