メインイメージ

購入とクレーム対応

事故車の購入とクレーム対応


事故車は低価格で購入できるため一部のこだわりの無い人は好んで購入する傾向がありますが、クレーム対応の難しさがありますので信頼できる業者から購入することが基本となります。事故車とは基本骨格に欠陥や修復した形跡がある車両を指しますが、基本骨格であっても外見上は完璧に修復することが可能です。傍から見れば正常な車との見分けが付きませんので、安く購入して壊れるまで乗るという人には最適な選択となってきます。基本骨格を修復した車は完璧に正常な状態となる場合もありますが、直進安定性に欠ける場合もありますし、左右の捻じれや捩れのバランスが崩れてしまうためにコーナリング時に極端な差が出てしまう場合があります。左カーブでは正常でも右カーブでは上手く曲がらないと言った問題が発生してきますが、一度変形した金属は元の状態に戻しても同じ動きをすることができなくなります。正常な状態と同じ強度が出せなくなりますので、ボディの捻じれや捩れを利用して走るモノコックボディの乗用車では不具合も多くなるのです。事故車は基本骨格を完全に直しても、事故の衝撃による金属疲労やストレスが他の部分にも影響してくることがあります。特に不快な振動や音が発生するケースもありますし、購入直後は正常でもすぐに故障や不具合が出てしまう点に覚悟が必要なのです。事故車を売却する際には事故歴や不具合の有無、修理の内容などを査定時に申告するのが義務となっています。ですから、中古車として販売されている事故車のほとんどは修復箇所や内容が特定できた車両が多くなります。しかし、全ての業者が適切な対応をしている訳ではありませんので、中には修復歴を隠して販売される場合もあるのです。特に修復歴がある車両では現状渡しが多くなりますので、購入者としては車両の状態を把握し納得した上で購入することになります。また修復歴がある車両は保証が付かないのが基本ですから、購入後のクレーム処理ができないと考える必要があります。現在では全国で統一された中古自動車査定基準により車両の状況を判断していますので、事故歴の有無や車両の状態を把握しやすくなっています。しかし完璧に修復された事故車は専門家でも修復歴の判断が難しいという現実があるのも事実です。事故車は低価格で購入できるとはいってもクレーム対応が難しいなどリスクが必ずありますので、信頼できる業者から購入するのが絶対条件となってくるのです。