メインイメージ

事故車の処分

事故車の処分を考えているならまずは一括査定


事故車や古い車を廃車にする場合には車体を解体するための「解体費用」や車体の登録抹消手続きにかかる「抹消登録費用」として1万円から2万円の費用がかかります。
さらに平成17年に自動車リサイクル法が施行されましたので「自動車リサイクル料金」を払っていなければ、廃車の処分を行う時にこの費用の支払いも生じることになります。しかし、平成17年2月以降に車検を行っていれば車検の時にリサイクル料金も徴収されていますので廃車時の支払いはありません。
しかし、廃車にする前にたとえ事故車や古い車でも買取を行える業者があるということを知っておくべきです。
業者がそうした車でも買い取れるその理由として、日本車の性能が良いという点にあります。
日本ではあまり需要がない車でも少し手を加えるだけで高性能としての高い評価を受けている日本車は外国では問題なく買い取られる事が多くあります。
また走行できる車本体としての価値はなかったとしても一つ一つバーツを確かめていくとまだまだ使える部品をその車から見出すことができます。
そのようなパーツは国内においても国外に置いても需要が高く買取手が多くいます。
こうした販路や車の価値を正しく判断できるノウハウを持つ業者は事故車であっても買い取ることができるのです。
実際に車を売る方法としてまず新車を買う時にディーラーに下取りしてもらったり、車を欲しい人への個人売買という方法があります。
しかし、ディーラーでの下取り査定はその車種に応じて社内で決められた値段から、減点法によって行われるので査定額は自分の希望したものよりも低いものとなることが大方です。また事故車であればほとんど値段がつかなかったり、廃車を勧められることも多くあります。
また個人売買ですと、不具合が生じてトラブルになることもあり、それはお互いに大きなストレスを抱える要因ともなります。
簡単に確実にまた納得のいく価格で売るためには中古車買取の専門業者に依頼することが最善の選択になります。
買取のプロであるそうした業者は車の価値をあらゆる角度から正確に評価することができるからです。
その面で現在はインターネットを活用してたくさんの業者に一括査定をしてもらうことができますので、大変便利です。
複数の業者から見積もりをとることによって競争も生じ査定額がより高値になることもあります。
ですから、たとえ事故車であったとしてもあきらめてすぐに処分すると結論するのではなく、一括査定を活用してより高く買い取れる業者をさがすことが賢い選択であるといえます。