メインイメージ

仕組みと利用するメリット

事故車買取専門店の仕組みと利用するメリット


交通事故で骨組み部分にダメージを受けた車(事故車)は、修復して中古車として販売することができますが、自動車公正取引委員会や日本自動車査定協会、JU中販連などの業界団体が定めた規約によって、事故などで修復した事実を明示することが義務付けられています。
このため、中古車市場では、事故車は買い手が付きにくいので、修復して中古車買取業者に査定を依頼しても、買い取ってもらえないことも少なくありません。

売れない車を処分するときには、最終的に車を解体して廃車にする解体業者(廃車業者)に依頼することになるわけですが、一台の車を廃車にするには、運輸局(運輸支局)に車の抹消登録を申請するなどの煩雑な手続きが必要となります。
最近では、廃車に必要な手続きを代行してくれる業者も増えていますが、それ相応の手数料を支払う必要があるので、その分だけ負担は大きくなってしまいます。

このようなときにオススメなのが、事故などで破損した車でも買い取ってくれる事故車(廃車)買取専門店です。

こうした買取専門店では、自社で自動車を解体する工場と解体技術を持った従業員を確保しており、一般の中古車市場で流通しないような状態の車でも使用可能な部品を取り外して売却することで収益を確保しています。
また、近年は、東南アジアや中東、南米などの海外の国々に日本では車検の通らないような古い中古車が輸出されており、今でも現役で活用されているので、修理用の部品の需要が高まっており、日本では需要のない事故車でも、十分に使用できる状態に整備すれば一定の商品価値が見込めます。

つまり、こうした海外への売却ルートを確保している買取業者に買取りを依頼すれば、よりよい条件で買い取ってもらえるわけです。
どの業者も、基本的には買取価格は非常に低くなっていますが、それでも事故車買取専門店に売却すれば廃車にするために必要な解体費用や、車の抹消登録申請などの煩雑な手続きにかかる手間を大幅に節約できるので、利用するメリットは大きいといえます。

このように、事故で破損した車の処分に悩む人々の救世主ともいえる事故車買取専門店ですが、当然、優良業者とそうでない業者があります。
業者の良し悪しは、査定価格やサービス内容に反映されるものですが、優良な業者かそうでないかを見分けるには、複数の業者に査定を依頼して査定価格や業者の対応の仕方などをよく比較してみることが大切です。

なお、現在では、多くの業者がウェブサイトを開設して情報提供をしており、ウェブサイト上での簡単なデータ入力で、複数の買取業者に事故車の査定を依頼できる「オンライン一括査定」を提供するサイトも開設されているので、こうしたサービスをうまく利用して信頼のおける優良業者を選びましょう。